生きているうちにひとつの祖国を! 統一願い、川崎・桜本で在日コリアン高齢者がコンサート

f:id:mimikuro:20180527100702j:plain

●戦争と差別を生き抜いた在日高齢者の願い

 在日コリアンが多く住む川崎市・桜本で、5月8日(火)、南北首脳会談の成功を祝い、朝鮮半島の統一を願うコンサートが開かれた。

歌と踊りを披露したのは、在日コリアン高齢者クラブ「トラヂの会」の皆さん50人余り。トラジの会は毎週火曜日に開催、60歳から最高齢94歳までのハルモニ(おばあさん)が桜本保育園に集い、歌や踊り、会食などをして過ごす。

 ハルモニたちは、戦前・戦中、当時日本の植民地だった朝鮮から渡ってきた一世と、日本で生まれた二世だ。一世は80~90代、二世は70代以下とみればいいだろう。このほか、80年代以後韓国や南米から来日したニューカマーの高齢者もいる。

差別と戦争の時代を生き抜いてきたハルモニたちは、2015年夏、桜本から「戦争反対!」を訴えようと、地元商店街でデモ行進を行った。今回のコンサートは、4月27日の板門店宣言を受けて、統一と平和への願いを発信しようと、急遽開催を決定したのだという。

 

 歌に入る前にウォーミングアップ。司会者の女性Aさんの「ハナ、トゥル、セッ!」という掛け声の後、みんなで「ハ、ハ、ハ」と大声で笑う。

 毎週Aさんはトラヂの会でハルモニたちと一緒に歌い、チャンゴも演奏する。歌もかなり上手だ。

では、統一への思いを込めた朝鮮の歌6曲を紹介しよう。イムジン河以外はすべて朝鮮語で歌われた。

 

○トラヂ、アリラン

 トラヂの会の愛唱歌。トラヂとは桔梗を表す言葉で、朝鮮では桔梗の根を食用にするのだという。桔梗の根を山の中に摘みにいったときの様子を描いている。そして、日本人にもなじみの深い「アリラン」。

ここで94歳のハルモニが前に出てきた。なんと、チャンゴを演奏するのだという。オモニは穏やかな笑みを浮かべて、チャンゴを叩く。すごいな、94歳か。70代後半ぐらいにしか見えないのに。チャンゴの音と歌声が響く。

歌い終わるとAさんが一言、「チャンゴが寿命を延ばします!」。

 

○他郷暮らし

 ふるさとを離れた場所で暮らす寂しさを歌った歌。

Aさんが語る。「私は若い頃、この曲を辛気臭くて嫌だと思っていました。でも、トラヂの会に来るようになって、この歌を聴くと自然と涙が出てくるようになりました。皆さんにとってどれだけ大切なものかわかってきました」

 歌詞を日本語に訳すとこんなふうになる。

 

   他郷暮らし 幾年か 指折り 数えてみると

   故郷を離れ 十余年 青春だけが 老いていく

   

   浮き草のような 身の上 ひとりで 息がつまり

   窓をあけて ながめると 空はむこうに

 

   故郷の家の柳の木 今年の春も青く繁っただろう

   草笛をおって ならしてみた それは もう 昔

 

歌いながら涙ぐむハルモニがいた。

「母がよくこの歌を口ずさんでいたの。それを思い出したら、涙が出てきちゃって……。それにしても、よくこんな歌をこしらえたな。お母さん、つらかったんだね……」

 

釜山港へ帰れ

 ご存知チョー・ヨンピルの代表曲。4月11日、南の歌手がピョンヤンでコンサートを開いたが、そのときに彼が歌ったのがこの歌だった。

日本で知られている歌詞は男女の恋愛を描いたものだが、原曲は南北に離散した家族やきょうだいを慕う内容なのだという。1番では「かえっておいで 釜山港に 恋しい 私のきょうだいよ」と会えないつらさを訴え、2番では「帰ってきたよ 釜山港に 恋しい 私のきょうだいよ」と再会を喜ぶ。日本語の歌にはないハッピーエンドに、ハルモニたちもうれしそうだ。それまでの曲はどちらかというとさびしそうな調べであったが、この曲になると力強い元気な声が響いた。

 

イムジン河

 こちらも日本で有名な曲で、北から見た分断の悲しさを描いている。トラヂの会のスタッフ、遠原輝さんがギターを弾きながら歌った。子どもの頃、お父さんがよく歌っていたのだという。

 

○らぐよ…(だってさ)

 韓国人歌手、カン・サネさんによる南北の統一を願う曲。統一を待ち望む父や母のことを、息子の目から描いている。カン・サネさんの親は、1950年に起こった朝鮮戦争(ユギオ)のとき、北から南へ逃げてきたのだそうだ。歌では、父や母が自分の十八番の歌を歌いながら、こんなふうにつぶやく。「死ぬ前に一度だけでもいいからいけたらいいのになあ」。

 カン・サネさんのことは、このとき初めて知った。後で調べてみたら日本でもけっこうファンが多いことがわかった。

 

○故郷の春

 これもトラヂの会の愛唱歌。ふるさとに咲く花々、鳥のさえずり、野原を思い出しながら、子どもの頃を懐かしむ内容である。

「私たち在日朝鮮人は複雑ですよね。北、南が故郷の人もいれば、日本で生まれて川崎が故郷という人もいる。でも、やはり故郷といえば朝鮮。今、故郷はまさに春を迎えようとしています。会いたい人に会える。それが春です」とAさん。

 この歌にはふりつけがある。みな椅子に座り、腕を伸ばしたり、上に上げたりしながら、本当に楽しそうだった。

 

  • 音信不通になった人と会いたい

 歌に加え、2人のハルモニが統一への思いをスピーチした。

 

 1人はFさん。北へお兄さんが渡り、何年も音信普通になっている。

「お母さんは兄のことを心配して、ご飯を食べるときは必ず兄の名前を呼んで、『白いご飯だよ、食べなさい』と言っていました。向こうでは白いご飯なんて食べられないだろうから」

 Fさんは朝鮮語を混じえながら、泣きながら訴えた。お母さんは伝を頼って息子さんの行方を捜し続けたが消息はわからず、失意のまま亡くなられたという。

 スピーチを終えると、Fさんはマイクを持ち、「お母さんの思い出」という歌を歌った。

 

 2人目はCさん。家族ぐるみで付き合っていて、川崎へ来たときに助けてもらった恩人が北へ渡ったまま、連絡が取れないのだという。

「その人は北朝鮮のほうが日本より生活が楽と聞いて、帰ることを決めました。夫が新潟まで見送りにいきましたが、それ以来連絡はありません。会いたいです。北朝鮮へ行きたいです。早く平和な日が来てほしいです」

 

 在日朝鮮人の多くは南(韓国)の出身であるが、日本での差別、貧困に耐えかねて、1959年から始まった帰国事業により北へ渡った人は多い。

 北へ渡った家族と何十年も音信普通になっている人たちがいる。そのことは、本やネットで得た知識で知っていたが、日本人である自分にとって身近ではなかったし、やはり別な国の出来事であったのだと思う。しかし、目の前で、さっきまで楽しそうに歌っていたハルモニが涙を浮かべて、大切な人と会えない辛さを訴えている。分断は本に書かれているだけの出来事ではない。分断は紛れも現実の世界で起こったことなのだ。

 

会いたい人に会う。それが叶わないのが分断。長く長く続いた分断。

 私は在日コリアンの友人と分断について話したことはない。でも、友人もその家族も、皆さん同じ悲しみを抱えて生きてきたのだろう。

 

○私たちの願い

 最後は一日も早い統一と平和を願った「私たちの願い」。トンイル(統一)、ピンファ(平和)という言葉が繰り返されるところが印象的だった。

 

 予定していたメニューは終わったが、まだ歌い足りないと思った1人のハルモニが前へ出てきて、マイクを握り歌いだした。歌に合わせて数人が立ちあがり、踊りだす。歌うハルモニの朗々とした声に聞きほれてしまう。踊るハルモ二たちも満面の笑みを浮かべている。泣いて悲しみを訴えても、最後は笑顔で、というのがコリアンスタイルなのかも。

私もつられて体が動いてしまう。楽しそうなのに、こんなに楽しそうなのに、なぜか涙で目の前が霞む。以前読んだハルモニの手記がよみがえる。

─ずっと苦労ばかりしてきた。「朝鮮人」とさげすまれ、貧しい中男性と同じように働きながら家族を支えてきた。まだ小さい子どもが日本人からいじめられているのを、黙って見ているしかなかった。生きるためには何でもやった─

 

 ギャラリーのハルモニたちは、歌に合わせて手拍子。朝鮮語で雑談をしている人たちもいる。奥の厨房では、食事の用意が進んでいる。テーブルの上にはキムチ。みんなで漬けたのだという。

 

  • 統一を願うことは平和を願うこと

 Aさんは語りかける。

「今まで苦労してきた皆さん、私は、体がきかなくなっても大事にされて、子どもたちが夢を見られるような社会にしたいと思っています。南北に徴兵制があります。でも、統一されて平和になれば軍隊へ行かなくて済みますよね」

最後に歌われた「私たちの願い」で、統一と平和という言葉が繰り返し出てきた。Aさんの語りではっきりわかった。統一を願うことは平和を願うことなのだと。

 ホワイトボードには大きな模造紙。朝鮮半島とハルモニたちのたくさんの寄せ書き、そして「生きているうちにひとつの祖国を」という大きな文字。

「皆さん高齢だし、本当に切羽詰っています。生きているうちに、統一を、平和の道を歩んでいけますように、みんなで寄せ書きしました」

 小さい頃日本に渡ってきて、戦争の影響や貧しさにより学校に通えず、読み書きができないまま大人にならざるを得なかった1世の寄せ書きもある。高齢になってから識字学級で文字を覚えたのだという。

 

「ちょうせんがへいわでありますように」

 

f:id:mimikuro:20180527100840j:plain

 ハルモニたちの願いが一日も早く叶いますように。会いたい人に会えますように。今の日本政府に積極的な協力を求めるのは無理だとわかってはいるが、それでもできることをしてほしいと思う

f:id:mimikuro:20180527101028j:plain

ウリハッキョへようこそ~朝鮮学校の授業参観に行ってきました!

f:id:mimikuro:20180514192038j:plain

 

 5月13日(日)、東京・十条にある東京朝鮮中高級学校で授業参観が行われた。なんと、朝鮮学校と関係のない日本人でも参加OKとのこと。というわけで、さっそく十条へ。

 ここに在籍しているのは、日本でいえば中学1年生から高校3年生までの生徒たちだ。1クラスは20人~40人程度で、中学は1学年2クラス、高校は1学年5クラス。私立の中高一貫校と同じか、やや少ないくらいと考えればいいだろう。

 

 ●学内では朝鮮語、女子はチマチョゴリ姿

 

 女子は学校に到着すると、黒いチマチョゴリに着替える。女性の先生たちもチマチョゴリ姿だ。

 学内で使用する言葉は基本的に朝鮮語だ。授業や部活はもちろん、休み時間のおしゃべりも。

 

 廊下を歩いてすぐに目に飛び込んできたのは、手づくりの貼紙、ポップだった。4月27日の南北首脳会談成功を報じた新聞記事、そして文大統領と金委員長の写真だった。やはり、南北が和解へと歩みだしたことは、生徒たちもずっと待ち望んでいたことだったとわかる。

 運動会や学校行事、運動部(サッカー部、ラグビー部、バスケット部)が日本の学校と試合したときの写真もあった。東京朝鮮高校といえばサッカーの強豪校だが、ほかのスポーツも強い。部活動レベルでは日本の学校との交流が行われているのだ。

 5月3日開催の憲法集会で合唱部の女子たちが歌っている写真もあった。

 寄せ書きや写真のキャプションはハングル。廊下の中ほどに休憩スペースがあり、ここに「ウリハッキョへようこそ」と日本語で書かれた貼紙があった(ウリハッキョは「私たちの学校」という意味)。カラーの模造紙に引き伸ばした画像を貼り付け、手描きのイラストを添える。これほどたくさんのポップを見たのは初めてだ。

 

 授業が始まる前の教室内はまだ騒がしい。席につかないで友達のところでしゃべっている子、着席したもののあたふた用意をしている子…。廊下にいる私と目が会うと、緊張した面持ちながら会釈する子も。

 

 

 授業が始まった。朝鮮語がわからなくて大丈夫かなあ、と思いつつ、高校生の教室に入ってみる。

 

Good morning !

 

 先生が入ってきて挨拶。ピンクのチマチョゴリ姿のまだ若い女性の先生だ。やった! 英語だ。これならわかる!

 当然だが、解説は朝鮮語だ。先生と女子生徒のチョゴリ姿と朝鮮語が、ここが朝鮮学校であることを思わせる。

 先生はPCを使い、短い動画を見せた。50年前のミュージカル、メリー・ポピンズのワンシーンだ。主演のジュリー・アンドリュースが、やたら長文のおまじないを早口で唱えながら踊るシーンで、なぜかメロディだけは知っていた。

 

Super cali fragilistic exppiali docious ♬

 

 これをグループに分かれて発音を練習。私もやってみたが、なかなか舌が回らない。けっこう難しかった。

 

  • 日本語古文ではディスカッション。心理の変化を絵に描かせる

 

 次は高校生、日本語の古文だ。なんと平家物語である。こちらは若い男性の先生で、授業は日本語で行われた。

 場面は熊谷次郎直実が捕まえた公達の首を掻っ切ろうとしたが、思いとどまったシーン。

「熊谷次郎直実は首を切ろうとしたんだよね。公達の首を切れば、自分の名前をあげることができる。しかし、公達の顔をよく見ると、まだ若く、おはぐろをしている少年だった」

 と先生は現代の日本語に訳して、解説。ここまでは、日本の学校でもよくあるが、驚いたのはこれから。

 

「では、熊谷次郎直実がなぜ気持ちが変化したのか、グループで話し合って。それから、変化していく様子を3枚の絵にまとめてみて」

 

 え、ディスカッション? しかも、絵にするの!? 

 

 古文の授業では、教師が言葉の意味と訳、時代背景を解説して終わりだとばかり思っていた。だって、そういう授業しか知らない。古文でディスカッション、絵と、あまりの発想の違いに驚いていると、先生は前回生徒たちが描いた3枚の絵を見せた。それはアニメタッチで兜姿の武将と馬が描かれていた。

 

 後で、こちらにお子さんを通わせている友人に話をすると、ディスカッションはかなり当たり前なのだという。それでも、絵にまとめるのは、かなり珍しいのではないか?

 この方法がすごいなと思うのは、より深い理解につながるところだ。心理の変化を3段階に分け、しかもそのターニングポイントを絵にするとなると、試験のために覚えるような通り一遍の解釈ではとても足りない。そのためにディスカッションをする。話し合うことで、自分とは違う捉え方があることを発見する。また、勘違いして覚えていれば、話し合うことで修正される。みんなで共通した見解をつくりあげていくわけだ。さらに、視覚化すれば記憶に残る。中途半端な理解のまま暗記させるより、テストでははるかにいい点が取れそうだ。

 高校時代、こんなおもしろい授業を受けたら、古典は全部100点取れたかな。もっといい大学にも行けたよね、残念(>_<) と思いつつ、次の教室へ。

 

  • 日本語の授業では日本語OK

 

 高校生の英語では、朝鮮の開城(ケソン)についての歴史。別のクラスでは、アメリカの先住民族、チェロキー族について。なるほど、祖国や他国の少数民族についての内容なら、英語でやるにしても興味が涌いてくる。

 朝鮮現代史と思しき授業では、「朝鮮プロレタリアート」「平和」という言葉は聞き取ることができた。理科では「陽子」「原子」「中性子」など、漢字が書いてあったので、朝鮮語でしゃべっていても少し理解することができた。数式だけの数学も中学レベルの簡単なものならわかった。

 

 日本語現代文では芥川龍之介の「羅生門」。これも高校生のときにやったなあ。中学生の日本語では、古文の基礎、動詞の五段活用。上一段活用と上二段活用。ああ、こんなことやったなあと思いつつ。「ありおりはべりいまそかり」「こきくくるくれこよ」と暗記させられた古語の活用をウン十年ぶりに口に出してみる。

 ちなみに、日本語の授業ではすべて日本語という先生もいたが、朝鮮語が混じる人も。訪問する前は、学内ではすべて朝鮮語しか使われないと思っていたのだが、そうでもなかったのが驚きであった。

 

  • みんな顔見知り。小さい子どももやってくる

 

 授業参加に訪れたのは、保護者とその兄弟姉妹がほとんどだった。中学生ぐらいだと、小学生の弟や妹に手を振ったりする。オモニ(お母さん)が来ると急に笑顔になる生徒も。

 授業中、先生の目を盗んで隣の子としゃべったり、こづいたりというのは、日本の学校でも同じ。

 休み時間になると、中学生も高校生も男子はじゃれあって遊んでいる。プロレスの技をかけて遊んでいる男子たちの横をオモニらしき女性が通りがかり、大笑い。

 保護者たちもみんな顔見知りなのか、仲がよさそうだ。何人かが集まって、あちこちで日本語でおしゃべりしていた。

 学校の外では、小さい子どもたちがボール遊び。グラウンドの隅でゲームに熱中する男子。一緒に遊んでほしいのか、これから部活というお姉さんのそばから離れない女の子。

 日本の学校の授業参観で、小さい子どもたちがやってくることってあるのかな? 私には経験がない。

 そういえば、ドキュメンタリー映画「60万回のトライ」の朴思柔監督が、「朝鮮学校在日朝鮮人にとってコミュニティ。学外の大人も子どももやってくる」と言っていた。運動会は一大行事、生徒の家族や親戚みんなでやってくるのだという。たしかに、授業参観でさえ多くの子どもが来たのだから、運動会になったら本当にすごいだろう。

 

 

 この日は保護者の総会もあり、ゲストとして招かれた朝鮮学校支援者の長谷川和男さんが講演した。長谷川さんは元日本の学校の教師。全国の朝鮮学校と幼稚園を行脚し、授業を見学した経験から、朝鮮学校の魅力を「自主的で自立的な教育が行われているところ」と語った。

朝鮮学校の先生たちは日本の先生と違って自立しています。日本の文科省は先生たちの自主性を奪いました。しかし、朝鮮学校では先生たちが自分で考えて、授業をしています。残念ながら、朝鮮学校を支えている若い先生たちの給料はとても少ないので、心が痛みます。日本人でも朝鮮学校のすばらしさを知り、給食をつくったり、読み聞かせのボランティアをする人が出てきました。ともにがんばりましょう」

 

 教室の前面には金日成金正日親子の肖像画が掲げてあった。この肖像画については、いろいろ批判はあるだろう。でも、これだけ書いておこう。朝鮮は日本によって南北に分断された、といっても過言ではない。日本にかなりの部分責任がある。そして、日本に残った(残らざるを得なかった)朝鮮人たちの民族教育を支えてきたのは北だった。

 たくさんの教室で目にしたのは、青く塗られた朝鮮半島の地図。統一を達成した朝鮮。さわやかなパステルブルーは、辺野古で見た海を思わせた。

 

 新たな発見でわくわくするとともに、ほっこりとした3時間だった。また機会があれば、いろいろな行事を見学したいな。

 というわけで、先生方、生徒さん、保護者の皆さん、カムサハムニダm(__)m

 

仕事や会社で困っていることはありませんか? 弁護士らが外国人労働者向け電話相談会開催

 

f:id:mimikuro:20180428115416j:plain

●日本人より立場の弱い外国人労働者

 4月15(日)、日本で働く外国人労働者に向けて、電話相談会が行われた。

 相談に当たったのは、外国人労働者弁護団と外国人技能実習生問題弁護士連絡会で活動する弁護士十数人。また、労働問題に詳しい外国籍の人たちもボランティアで通訳を担当した。対応言語は、日本語、中国語、英語、スペイン語ポルトガル語ベトナム語ミャンマー語。通話料は無料。

 外国人労働者は雇用の調整弁として使われることが多く、不安定な有期雇用、非正規雇用が多い。言葉の問題もあり、労働条件を十分理解できていなかったり、日本の労働法制について知識が不十分なケースが多く見られる。日本人職員よりも立場が弱く、労働者としての権利が十分守られていない。不正やトラブルに対して、訴え出たり、労働組合など支援にたどりついたりすることが難しく、泣き寝入りしがちである。そんな外国人労働者に支援者や労働組合の存在を知らせようと始めたのが、この無料電話相談だ。

 

●解雇や雇い止め、労基法違反の外国人差別の相談も

当日の相談件数は16件。

国籍別では中国が7件で最多であり、以下南米(ペルー、ボリビア)5件、ベトナム1件、ネパール1件、欧米2件であった。

 雇用形態では、正規雇用は少なく(6人)、ほとんどがアルバイト、派遣社員契約社員など有期の非正規雇用であった。

相談内容は、賃金や残業代にかかわる内容が5件で最多。次いで解雇や雇い止めが3件、労働災害が2件、その他(パワハラ、資格外就労など)5件であった。

 相談に当たった指宿昭一弁護士は、今回の相談の特徴について次のように述べた。

派遣社員が多かったせいか、数は少ないものの雇い止めなど有期雇用特有の問題があった。また、外国人であることを理由にしたパワハラ、日本人との待遇の違いなど、明らかに外国人差別の問題もあった。労働者の国籍を理由として、賃金や労働時間その他の労働条件について差別的取り扱いをすることは労働基準法3条に違反する。日本語の電話相談窓口もあるので、困ったことがあったら連絡してほしい」

 

【主な相談内容】

 

○中国

 同僚から「机を開けられる」「人種差別的な発言をされる」などのパワハラを受けている。人事部にパワハラを相談したら、よけいひどくなった。

労働組合を紹介

 

○中国 有期雇用

「パフォーマンスが低い」という理由で雇い止めになった。

労働組合を紹介

 

○中国

 賃金不払い

労働組合を紹介

 

○中国 50代 正社員

 日本の一部上場企業に勤務。中国に赴任することになったが、今年から社内規定が変更になり、自分の国に赴任するときは海外勤務手当が出なくなった。

→弁護士が対応

 

○中国 正社員

 海外派遣されたが、日本人には手当が出るのに中国人には出ない。

→弁護士が対応

 

○中国 IT系企業 正社員

 仕事をやめると賠償金請求されるといわれた。契約書にも、離職する際、賠償金を支払う旨の文言が入っていた。

 

○中国 正社員

 留学生として来日し、2年前に就職した。雇用契約では開発に従事するはずだったが、工場で単純労働をやらされている。給与も年収330万円のはずが200万円ぐらいしかもらえない。

 

○南米 滋賀県在住 アルバイト 63歳

 今の会社ではアルバイトには有給休暇が認められていない。もし、認められるなら、有給休暇の分をお金で払ってほしい。高齢だし、いずれ帰国する予定なので、少しでもお金を貯めたい。

→「できない」と回答

 

○ネパール レストラン勤務

 在留資格は「技術・人文知識・国際業務」なのに、レストランでコックをやらされている。雇用先もぐるになっている。資格外就労なので、入管にばれたら帰国させられる。日本で働き続けたいので、どうしたらいいか?

→レストランをやめるしかない。退職金が出るか確認するようにアドバイス

 

ボリビア 派遣社員 労働災害

 自動車部品工場で労働中に事故にあった。

 

○ジャマイカ 語学学校講師 契約社員 ハラスメント

 アパートに侵入された。

 

○ペルー 派遣社員

 3か月間の労働契約の更新を続けてきて、3年が過ぎた。日本で病気になり、病院で薬をもらったがよくならず、繰り返している。治療に専念したい。

→旧派遣法では3年の雇用期間を超えれば直接雇用に切り替えてもらえる。労働局に旧派遣法の労働契約申し込み義務を主張するようアドバイス

 

************************

 なお、今回の相談者は、中・長期の就労ビザや、定住者資格を持つ南米系日系人ばかりであり、技能実習生や留学生の相談はなかった。

また、言語では、通訳を必要としたのは南米系(スペイン語)5人、中国語3人、英語1人。意外にも日本語での対応は6件と最多で、外国語を上回った。なお、南米系5人のうち5人とも日本語ではなくスペイン語の通訳を必要とした。

 国籍によって就労先の違い、言語能力にも違いがある。

中国人はIT系をはじめとする企業のオフィスで日本人と一緒に働く。ペルー人やボリビア人はアルバイトや派遣社員として工場で働く。ネパールはレストランでコック、という感じか。中国人の正規職員やレストランで働くネパール人は日本語でコミュニケーションがとれるが、工場で働く南米系の人は得意でない。

外国人支援に当たる人から聞いたり、本からの知識で知ってはいたが、このデータからでもよくわかった。

 

************************

外国人労働者弁護団では、日常的に電話相談に応じている。

 

電話 03(6427)5902

平日 10時~17時まで

対応言語 日本語のみf:id:mimikuro:20180428115000j:plain

詳細はhttps://grb2012.wordpress.com/

 

 

技能実習生がセクハラ被害諸々を訴える③ @水戸地裁

 

f:id:mimikuro:20180401111427j:plain

■虚偽だらけの監査報告書と強制帰国~元職員は訴える

  中国人女性技能実習生Aさんが未払い賃金と実習中に受けたセクハラ被害等に対して損害賠償を求めた裁判が、2月23日(金)水戸地裁であった。

 今回は被告である雇用主農家のB親子、受け入れ団体である協同組合つばさの実質代表者D、そしてもう1人の原告Cさんの尋問が行われた。

 

 Cさんは中国人男性(44歳)。事件当時協同組合つばさ(以下つばさ)に勤務し、技能実習生にかかわる仕事をしていた。しかし、実習生が違法な扱いを受けていることを知り、彼女たちを助けようとしていたところ解雇されてしまった。裁判では、解雇は無効であると主張して労働契約上の地位の確認、未払い賃金と遅延損害金の支払いを求めている。

 長く日本にいるだけあって、流暢な日本語を話すCさん。今回の尋問は通訳なしで行われた。

 今回はCさんと関係者の証言と陳述書から、元職員の目からみた監理団体の実態を描いてみようと思う。

 

事件の概要(原告・セクハラ被害者Aさんの証言)

http://mimikuro.hatenablog.com/entry/2018/02/04/172039

 

被告Bの証言

http://mimikuro.hatenablog.com/entry/2018/02/27/095550

 

茨城県下最大の監理団体

 Cさんはもともと技能実習生監理団体である協同組合若葉で働いていたが、2013年9月つばさに異動。若葉、つばさともDが実質的オーナーを務めている。いずれも茨城県を中心とした農家で技能実習生を受け入れる際の監理団体であった。当時つばさは実習生400人、組合員150社を抱える茨城県下最大の監理団体であった。

 Cさんはつばさで、入国管理局に提出する書類の作成や農家で働く技能実習生の管理などを行っていた。技能実習生の管理には、雇用先の農家を巡回して実習生の働きぶりを確認したり、実習生や農家からの相談に対応することも含まれる。

 監理団体は技能実習生という人材を農家に派遣する人材派遣会社。Cさんはその営業兼事務職と考えれば、非常にわかりやすいだろう。

 つばさでの待遇は年棒400万円。勤務時間は午前9時から午後6時までであったが、毎日のように残業があり、土曜日も隔週で仕事をした。しかし、出勤・退勤を含めた労働時間の管理は一切なされず、残業代も出なかった。

 

●巡回指導でセクハラを目撃

 今回セクハラで訴えられているB宅はCさんの担当であった。ある日、CさんがB宅へ巡回指導に出向き、Aさんと話をしていると、Bが出てきた。Cさんが挨拶がてらBに「うちの実習生、がんばっていますか?」と尋ねると、Bは「がんばってますよ」と答えた。そして、Aさんのほうに駆け寄り、「チューチューチュー」といってキスしようとした。

 Cさんはこのときの様子を次のように証言している。

「あまりにも衝撃的でした。でも、B宅はつばさにとって大事なお客さんなので、その場で注意できませんでした」

 Bが去るとAさんは「うちのボスはこういう人なのよ」とCさんに一言。Cさんは、ここでセクハラが行われていることを確信した。

 その後CさんはAさんからセクハラと夜間の大葉を巻く作業について相談を受けるようになった。大葉巻きについては、作業時間を記録するように指示したが、セクハラについては我慢するように伝えた。つばさのほうで問題を訴えるAさんを厄介と感じれば、強制帰国させてしまうかもしれないと考えたからであった。それでも度重なる訴えに、Cさんはきちんと解決しなければならないと考えるようになった。

 

●強制帰国の危険性を伝える

 Cさんは、実質の代表であるDを含め、つばさの職員全員にセクハラの事実を報告し、何とか問題を解決するように要求した。しかし、つばさでは何の対応もしなかった。それどころか、CさんをB宅の担当からはずしてしまった。それでも、Aさんはじめ実習生たちは、後任の担当者にもセクハラや賃金未払いの問題を訴え続けた。

 ある日、DとCさん、Aさんは話し合いをすることになった。つばさの対応に憤りを感じながらも、まだ職員としての意識が強かったCさんは、何とか穏便に済ませようと、これまで何度もAさんと話し合ってきて、この話し合いにも同席したのであった。

 Dは代表者として、Aさんにセクハラの慰謝料と未払い賃金として30万円程度支払うことを申し出た。しかし、Aさんはこれを拒否した。作業時間から計算すると30万円では安すぎたからであった。

 Cさんは話し合いが決裂したのを見て、強い危機感を抱いた。Aさんが条件を飲まなければ、邪魔者扱いして、帰国させられてしまうからであった。案の定、話し合いが終わり解散した後、DはCさんにAさんを事務所へ連れてくるよう命じた。そうはさせるまいと、CさんはAさんの説得を続けながら、強制帰国の危険性を伝えた。

「今後、つばさの職員がやってきて事務所へ行こうと言われるかもしれないけど、絶対について行かないように」

 

●作業着のまま帰国させられた実習生

 Cさんは、実習期間を中断され、無理やり帰国させられてしまう実習生の姿を見てきた。

 1人はレンコン農家で働いていた実習生であった。指を機械に挟まれて切断、4本の指を失ってしまった。

 それでも、この実習生はまだ働こうとする意志はあったため農家と交渉しようとしたが、Dはその機会を与えず実習生を事務所へつれてきて、帰国するよう促した。

 実習生は事務所から中国の実家に電話し、大泣きで指をなくしたことを母親に報告した。しかし、隣のテーブルに座ったDと他の職員は、自分の思い通りに事件を解決できたと満足そうな態度をとっていた。それを見て、Cさんは深く心を痛めたという(以上、Cさんの陳述書から)。

 作業内容や賃金の計算方法にクレームをつけた実習生も、強制帰国させられた。

「他にも、就業中、作業着のまま車に乗せられて連れて行かれた実習生がいました。私が成田空港までパスポートを届けにいきました」

 

●つばさの職員が押しかけて脅迫

 Cさんの予感は的中した。話し合いの2日後、つばさの別の職員たちがB宅へやってきて、実習生たちを事務所へ連れ出そうとした。しかし、Cさんから注意を受けていた実習生たちは同行を強く拒み、部屋に立てこもった。

 つばさの職員たちは、夜11時ごろまで部屋の外で大声を上げ、ドアを叩いた。職員の1人は「お前らを中国へ返すことは、たやすいことなんだよ!」と何度も怒鳴った。

 B宅での騒動は、すぐに近所の農家で働く実習生たちの知るところとなった。彼女たちはCさんに電話をかけ、B宅での不穏な動きを伝えた。それを聞いたCさんは交番へ行き、警官へ相談。その場で、再び電話をかけた。

「携帯電話をスピーカーモードにして、通話音が聞こえる状態で会話をすると、泣きながら助けを求める声が聞こえてきました。それを聞いた警官から、110番にかけ直して通報したほうがいいとアドバイスされたので、その通りにしました」

 一方、B宅では、Dたちつばさの職員は警察が到着する前に引き上げていった。

 しかし、警察沙汰になれば、つばさの信用にかかわる。今回の行為はCさん解雇理由の1つとなった。

 なお、被告側は実習生を連れ出そうとしたのは、事務所で詳しい話を聞くためであり、Cさんは警察に虚偽の通報をしたと主張している。

 

●セクハラ被害を記録

 Cさんは、実習生がバラバラにされてしまう前に、Bのセクハラの事実を訴えようと考えた。そこで、実習生を集めて被害を聞き取った。そして、文書化して全員に回覧してもらい、証拠としてサインしてもらった。被害内容は、日時がはっきり特定できるもの、他の実習生も目撃しているものに限定した。さらに、実習生たちが文書を回覧、サインしている様子も動画で撮影した。文書と動画は今回の裁判でも、証拠として提出されている。

 なお、この頃、技能実習生問題に取り組む岐阜一般労組と連絡を取り、アドバイスを仰ぐようになった。

 

●虚偽だらけの監査報告書

 このような行動にCさんを駆り立てたのは、もうこれ以上不正行為に加担することに耐えられない、という気持ちであった。

 技能実習生の監理団体では、技能実習生の就労状況などに関する監査報告書を毎月入国管理局に提出する必要がある。Cさんはこの監査報告書を作成していた。しかもDに命じられて、技能実習生たちの実際の就労実態ではなく、入管から問題を指摘されないように、勤務実績、賃金台帳、給与明細、賃金受取書、実習日記、監査記録等、すべて虚偽の記載をして提出していたのであった。

 それは、「農家による不正を容易にし、農家が労働力を安く利用しやすくなるような運用」であったという。

 

●職員に取り囲まれ、警察へ通報

 事件当時作成中の監査報告書も虚偽だらけであった。

「B宅についても問題が起こっていたのに、『計画どおりの実習』と嘘を書きました。自分が担当する前も同じように嘘が書かれていました」

 これを提出させないようにしなければならない。そこで、事務所で監査報告書を印刷し、かばんに隠した。監査報告書は作成でも印刷でも、Cさんでなければできない仕様に設定していたため、とりあえず印刷して保管してしまえば、勝手に提出されるおそれはなかった。

 しかし、いったん外出してから再び事務所へ戻り、帰宅しようとしたとき、職員たちに取り囲まれてしまった。職員たちは進路をふさぎ、Cさんの服を引っ張ったりしながら、実習生の味方になったCさんをなじった。身の危険を感じたCさんは、警察に通報、警官に守られながら帰宅することとなった。

 なお、被告側はこのとき、Cさんが「必ず組合をつぶす」と恫喝的な発言をして、無断外出したと主張している。

 

 被告側は解雇理由を、①警察へ事実と異なる通報を行ったこと、②監査報告書作成ソフトを消去し、報告書を無断で持ち出したこと。③遅刻と無断外出を繰り返したこと。と主張している。もちろん、「必ず組合をつぶす」という発言と無断外出も含まれている。

 これに対してCさんは、①についてはこれまで書いたとおり、虚偽の通報ではない。②については、ソフトの消去など行っていない。③については、遅刻や無断欠勤はもちろん、「必ず組合をつぶす」といった発言もしていないと、すべて否定している。

 

●「いい質問ですね、私もそれを言いたかったですよ」

 被告側はCさんの主張をことごとく否定し、陳述書では事件とはまったく関係ないCさんへの家族関係や、人格を貶めようとする記載も見られた。

 反対尋問では、被告側代理人弁護士の1人はわかりにくい質問を繰り返した。ひっかけなのか、主語や目的語を省略したり、何を言いたいのかあいまいな尋ね方をする。傍聴席で聞いていて、これは日本語が母語でなければ難しいだろうと感じた。しかも、Cさんが確認しようと問い直すと、「あなたがねえ、素直に答えればいいんですよ!!」などと声を荒げる。

 見かねた原告側代理人の指宿弁護士が、「いくら日本語ができるといってもネイティブではないのですから、もう少し質問の仕方を考えてください」と注意すると、ふてくされたように「ハイハイ、こちらもやっているつもりなんですけどね」だって。真正面を見ると、裁判官も苦笑していたのがわかった。

 極めつけは、Cさんがつばさの職員たちから取り囲まれ、警察に通報した際、「左手で携帯電話を持ってかけた」と証言したとき。弁護士は即座に「そんなことないでしょ!! 実力行使、受けてるんだから!!」と声高に否定。さすがにこのときは裁判長から「まあまあ、そのように主張しているんですから」と、やんわりと注意を受けた。

 しかし、Cさんだって負けていなかった。弁護士の威圧的な態度にも負けず、質問の意味を理解すると「いい質問ですね、私もそれを言いたかったんですよ」と前置きして、根拠を添えてすらすらと答える。

 すごい! 私も裁判をいくつか傍聴してきたが、こんな前置きを聞いたのは初めてであった。これをCさんは2回発言した。精神的余裕がなければ、こんなことは言えない。(だからこそ、被告側代理人弁護士は気に触ったのかもしれないが…)

グッジョブ(^_^)v Cさん!!

 

相手が北朝鮮、朝鮮総連なら何をやってもいい!?  醸成されるヘイトの空気

f:id:mimikuro:20180326194526j:plain

 朝鮮総連への襲撃事件を受けて緊急報告

ヘイトスピーチ解消法ができても効果は限定的」とする調査結果が、20日(火)専門家により示された。 

 報告したのは、ヘイトスピーチに詳しい社会学者・関東学院大学非常勤講師の明戸隆浩氏。人種差別撤廃に向けて日本の取り組む課題について、民族問題や差別問題に取り組む専門家、市民団体、研究者などが集まった会合で、朝鮮総連への襲撃事件を受け、緊急報告がなされた(於衆議院議員会館。主催は人種差別撤廃NGOネットワーク)。

 

●解消法により、ヘイトデモは減ったが街宣は微減

 まず、2016年解消法が施行された後で、悪質なヘイトデモや街宣がどのくらい減少したのか。

 デモは、法施行前の1年間は76件であったが、施行後1年間は43件と、かなり減少した。しかし、小規模な街頭宣伝は、施行前の1年間は283件だったのに対して、施工後1年間は247件とわずかな減少にとどまり、2017年の街宣は280件と施行前とほぼ同じになっている。*

 都市部での大掛かりなデモは減ったものの、小規模の街宣活動は相変わらず行われており、レイシストたちは「地道な」活動にシフトした模様だ。

 明戸氏は「法律が施行されてから、デモが減ったので、ヘイトスピーチは一時的に見えなくなった。しかし、街頭宣伝ではかなりひどい表現が繰り返されている。法律はできたが、ヘイトスピーチが解消されたとはいえない状況」と憂う。

 

レイシズム監視情報保管庫のデータから。施行までの1年間は2015年6月3日~2016年6月2日、施工後1年間は2016年6月3日~2017年6月2日。

http://odd-hatch.hatenablog.com/

 

●コメントの8割がテロを支持。相手が北朝鮮なら「何をしてもいい」

 インターネット上の差別文言やヘイトデマも深刻だ。明戸氏は2月23日に起こった朝鮮総連襲撃事件について、インターネットにおける反応を調査。ヤフーニュースで流された第一報のうち、最もコメント数の多かった記事*を使用し、寄せられたコメントを分析した。

 結果は、驚くべきことに8割が襲撃事件を肯定・賞賛する内容であったという。

 コメントの内容は4つに分類される。

 1つは、朝鮮総連が事件を起こし、被害者を装っているという自作自演説。容疑者の名前が報道される前、多く見られた。

 2つ目は、自業自得、あるいは「朝鮮総連があるから事件が起こった」というように、事件の責任を朝鮮総連に転嫁するもの。

 3つ目は、「よくやった!」「ヒーロー現れた」「これだけ覚悟を持って行動を起こした男気を見習い~」という容疑者をストレートに賞賛。数はそれほど多くない。

 4つ目は、「どうせならミサイルドーン」「これで済んでよかったじゃん」「中途半端だなー」など被害を矮小化。こちらも数は多くない。

 

 ちなみに、この事件の前の2月11日、国際政治学者の三浦瑠麗東京大学講師が、フジテレビ・ワイドナショーにおいて、「大阪に北朝鮮スリーパーセルが潜伏している可能性がある」と発言。また、襲撃事件当日も、自民党山田賢司衆議院議員が、なんと、朝鮮籍者に対する就労制限を検討すべきという趣旨の質問を衆議院予算委員会で行った。

 

「三浦氏や山田議員の発言が事件やニュースのコメントに影響を与えたかどうかは実証的に示す証拠はないが、相手が北朝鮮朝鮮総連となると、ヘイトスピーチのハードルが下がる。何をやってもいい、何を言ってもいいという雰囲気を醸し出していることは否定できない」(明戸氏)

 

*ニュースは、テレビ朝日朝鮮総連中央本部に銃弾 右翼団体の男2人逮捕」。2018年3月19日時点で削除済み

 

ヘイトスピーチには刑事罰を付加した法律を!

「現行のヘイトスピーチ解消法の効果が限定的なのは、刑事罰がないから。新たな法整備が必要」と、明戸氏の次に報告した原田學植弁護士(在日韓国人法曹フォーラム)は断言した。

 また、ゲストとして訪れた尾辻かな子議員は、大阪で行われたヘイトデモにカウンターとして出向いたときの経験から、現行の法律がいかに効果がないか実感したという。

「警察はデモを行うヘイターを守っている。そこで、警察になぜあんな人たちを守るのか聞いてみると、『法律には刑事罰がないので、私たちには取り締まることができない』と言われた。大阪にはヘイトスピーチを規制する条例もあるが、やはり刑事罰がないために役立っていない。だから、警察に守られながらヘイト街宣ができる。実効性ある法律を検討すべき」(尾辻議員)

 f:id:mimikuro:20180326194649j:plain

 集会の最後、今年2月に起こった朝鮮総連への襲撃事件に強く抗議するとともに、日本政府に対して事件に対する厳正な対応と、今回のようなヘイトクライム再発防止および人種差別撤廃に向けた法整備を求めたアピールを採択した。

 

 なお、当日は、ヘイトスピーチのほかにも、移住者の権利(技能実習生問題、移住女性へのDV、難民認定、入管収容所での処遇など)、在日コリアン年金問題朝鮮学校の排除と教育の権利、ネットと部落差別問題、アイヌ先住民の権利などについて報告がなされた。いずれも興味深く、新たに知った問題もあった。これらについては、いずれ改めて紹介しようと思う。

 

*********************************

 それにしても……たった1本のニュースの分析とはいえ、8割がテロを支持するという結果はショックだった。「相手が北朝鮮なら何をしてもいい」という空気が蔓延していて、何かがあれば暴発する。その暴発が、今回の朝鮮総連襲撃事件だ。

 それ以前にも事件は起こっていた。拉致問題が大きく報じられた頃には、朝鮮学校へ通う女子生徒のチマチョゴリが切り裂かれたし、京都では朝鮮学校(小学校)が在特会によって襲撃されている。

 私の知り合いの在日コリアンの一家は、危険を避けるために日本名の表札を掲げるようになったという。それまで通名を使わずに本名を名乗ってきたが、こんな状態では安心して暮らせないからだという。

「考えすぎ」と思う日本人はいるかもしれない。でも、そんなことはないと断言する。ここには貼らないが、外国人が多く住む団地にレイシストが訪れ、汚い言葉で紹介しているサイトを見たとき、こんなところにまでやってきているのか、怖くなったことを思い出す。

 今の空気は、日本人の私にとっても怖い。

「危険な作業と知っていれば、来日しなかった」ベトナム人技能実習生除染問題で記者会見

f:id:mimikuro:20180315000003j:plain

■「除染作業は技能実習制度の趣旨に反する」。支援団体が記者会見

 

 3月6日の日経新聞ベトナム人技能実習生が福で除染作業に従事していたことが報じられ、SNS上で非難の声が挙がっている。

こうした中、「除染作業は技能実習制度の趣旨に反する」と、本日(14日)、実習生を支援する労働組合、支援団体が記者会見を開き、詳細を報告した(主催は移住者と連帯する全国ネットワーク)。

除染作業に従事したベトナム人実習生Aさんは、「除染作業のことは一切知らされなかった。危険な作業と知っていれば、来日しなかった。将来、自分の子どもに影響が出ないか不安」と訴えた。

 会場には逢坂誠二氏、石橋通宏氏、糸数慶子氏、山本太郎氏、福島みずほ氏、川田龍平氏、畑野君江氏など国会議員が12人も姿を見せた。

 

  • 目的は建設機械の仕事。除染作業と知らされず

 Aさん(ベトナム人・男性・24歳)は2015年9月に技能実習生として来日。福島県白河市内で監理団体・協同組合Bにおいて1か月間講習を受けた後、10月からC社に雇用され、技能実習を開始した。

ベトナムでの雇用契約書によれば、技能実習の職種は「建設機械・解体・土木」であり、除染作業という記載はなかった。また、来日後も監理団体、雇用先のC社からも除染作業をやる、あるいはやる可能性があることを書面でも、口頭でも一切知らされなかった。

福島の原発事故については世界で報道され、Aさんもニュース等で知ってはいたが、自分が従事している作業が危険なものであるという認識はまったくなかった。自分が被爆労働に従事することなどまったく考えておらず、契約締結のときも来日してからも何も伝えられなかったため、作業がどの程度危険なのか等、何の予備知識もなかった。しかも、会社からは何の説明もなされなかった。

 

 最初に従事したのは、福島県郡山市の市街地(住宅、駐車場、道路など)の除染作業であった(2015年10月~2016年3月まで)。作業内容は汚染された表土を数センチ削ってフレコンパックに移送し、削った場所に汚染されていない土を詰めるというもの。

 この汚染土壌の入れ替え作業の発注元は郡山市。某社が受注し、一次下請けは株式会社エーアイ、C社は二次下請けであった。Aさんはエーアイの指示の下、作業を行った。元請の下に下請が延々と続く重層的な関係の中での就労は、除染作業の特徴である。

こうした関係の中で、現場の放射線測定と管理はエーアイが行ったが、C社では放射線測定の記録などの書類を一切保管していない。本人に対しても、線量結果など通知していない。

 ちなみに、郡山では三菱マテリアルテクノ株式会社が元請けとなる工事にも従事した。C社と三菱マテリアルテクノの間には2社が介在していた。

 

  • 日給5800円。日本人がやれば1万6000円~2万円

給与は月額14万5000円。固定給除染作業に伴う手当てなどは支給されなかった。Aさんは多いときで、月200時間働いた。そこから計算すると、除染作業は時給725円、日給5800円。

 同じ作業を日本人がやるとどのくらいの賃金になるか。C社が以前、ハローワークに出した求人募集内容によれば、1日1万6000円~2万円であった。

 ちなみに、Aさんがいた当時の福島の最低賃金は710円程度。C社は最低賃金より10円程度しか変わらない金額で、危険な作業に従事させていた。

 

  • 避難指示区域内で解体作業

 2016年9月から12月まで福島県川俣町で被災建物の解体工事に従事した。当時、現場は飯館村に隣接、汚染が高く誰も住んでいない、避難指示区域内に位置していた。

解体工事は国(環境省)直轄の事業であったため、外部被爆線量の記録および放射線管理手帳の交付が義務付けられていた。しかし、放射線管理手帳は本人に渡されなかった。

 

  • 危険手当をピンハネされる。危険な作業と気づく

国の事業であったため、作業者には特別作業手当て(危険作業手当て)、1日6600円が支給されることになった。しかし、Aさんは2000円しかもらっていなかった。なぜ、4600円ピンハネしたのか、C社の社長は「危険作業手当て込みで受注しているので、全額を作業員に渡したのでは成り立たない。他の会社もみな状況は同じ」と団体交渉の際答えている。

 そもそも、何も教えられていないAさんはなぜ2000円もらえるのか、わかっていなかった。そこで現場責任者に尋ねた。

 

Aさん「これは何のお金ですか?」

現場責任者「危険手当だよ」

Aさん「なぜ危険手当ですか? 危険な仕事をしているのですか?」

現場責任者「嫌なら、ベトナムへ帰れ」

 

 このやり取りがきっかけで、Aさんは次第に「自分は危険な作業をやらされているのではないか」という疑問を抱くようになった。

 

  • 避難指示解除地区で解体作業

 その後もAさんは、福島県川俣町や飯館村において、次のように被災解体工事に引き続き従事した。同地区では、2017年3月に一部地域の居住制限、避難指示区域の指定が解除された。しかし、解除といっても被爆線量が年間20ミリシーベルト以下になったからという理由であり、決して安全とは言えない。

 

飯館村村営住宅解体工事(2017年1月~3月)

・川俣町被災解体工事(2017年3月~5月)

・川俣町廃材仮置き場細分別作業(2017年5月~8月)

飯館村被災解体工事(2017年9月~10月)

・川俣町山木屋中学校内装解体工事(2017年10月~11月)

飯館村被災解体工事(2017年11月)

 

 2017年1月から3月まで飯館村での村営住宅解体工事に従事したが、このときはまだ避難指示区域に指定されている最中であった。

 

 なお、Aさんは福島県以外に岩手、山形、宮城でも働いたが、就労の大半は福島県内での除染作業、被災建物の解体工事であった。

 

 作業を続けるうちに、強い不安を感じたAさん。いろいろなところから、被爆による健康被害の情報を聞くようになった。Aさんは会社に作業の不安を訴えたが、「嫌なら帰れ」と言われるばかりであった。

ついに、Aさんは寮を脱走、支援者に助けを求め、全統一労働組合につながることができた。

 2017年12月、全統一労組はC社と監理団体に、Aさんの従事した除染作業に関して事実関係を明らかにするよう求め、団体交渉を申し入れた。合わせて、本人に対して、健康診断の記録等を開示するよう求めた。

 なお、健康診断については、Aさんは実習中に受けた診断結果を知らされていなかった。それもあり、別途被爆について調べることにした。2017年12月Aさんは尿検査を実施したところ、幸いなことに放射性セシウムCs 134、Cs137は検出されなかった。ただし「定量化できないがピーク有りと判定」(ごく微量であるが、ピーク時を確認した)と報告された。

 

  • ずさんな管理と規則違反

2018年2月、郡山市で団体交渉が行われた。C社代表は出席したが、監理団体は欠席した。この団体交渉によって、次の問題点が明らかになった。

 

 

 

除染作業に際して教育なし

  除染作業を行う際、会社は除染電離則(東日本大震災により生じた放射性物質により汚染された土壌等を除去するための業務等に係わる電離放射線障害防止規則)という規則に基づいて、作業員に安全教育を行わなければならない。しかし、C社は何もしなかった。

全統一側が「何も教育しなかったのか?」と問うと、「いや、マスクのつけ方はちゃんとやってます」とC社社長。しかし、日本語でマスクの装着方法を教えたとのことであり、日本語を4か月しか勉強していないAさんはそれすら理解していなかった。

 

 

健康診断の結果を知らせない。記録を保管しない

 除染電離では半年に1度特別健康診断が義務付けられ、結果も本人に通知しなければならないとされている。しかし、C社は健康診断の結果を本人に通知していなかった。診断結果もすべて保管していなかった。また、外部被爆測定記録も保管していなかった。また、川俣町での解体作業では、放射線管理手帳を交付されたが、Aさんは受け取っていない。

 

危険手当6000円のうち4600円をピンハネ

 前述したように、「全額を作業員に渡していたのでは成り立たない。ピンハネしなければ受注できない」とC社代表。

 

  • 「借金してやってきた。子どもが生まれたとき、被爆の影響が心配」

 来日に当たってAさんは、ベトナムの送り出し機関に1万3000ドル(米ドル)支払った。2015年当時の米ドルの平均を120円として計算すると、156万円である。支払った1万3000ドルのうち3000ドルが保証金であり、実習期間を終了しないうちに帰国すると送り出し機関に返済しなければならない。これが前借金となって、ひどい搾取が行われていてもなかなか訴えられないところが、奴隷制と批判される理由である。

 除染作業はもちろんであるが、C社は通常の労務管理もずさんであり、問題を抱えていたようだ。有給休暇を使って病院へ行ったのに、欠勤扱いされ、給料から引かれていたことがあった。それが今回の脱走のきっかけにもなったという。

 一緒に働いていたのはAさん含めて3人。やはり同じ作業に従事させられていた。支援団体によれば、福島県内で働く技能実習生・留学生の中にはAさんと同じように、除染作業に従事している人たちが少なからずいると思われる。

「来日に当たって借金した。しかし、危険な作業とわかっていれば、来日しなかった。危険な作業をやらされているとわかったとき、すごく不安になった。しかし、誰にも相談できず、ストレスになった。2年間ずっと心配しながら仕事をしていた。将来結婚して子どもが生まれたとき、被爆の影響が心配」とAさんは不安を口にする。

 

  • 「除染は大事な作業だからこそ、労働者として受け入れなければならない」

 今回の問題に対して、外国人技能実習生権利ネットワークの鳥居一平氏は次のようにコメントした。

「今回、除染作業に技能実習生を従事させていたことについて、この制度が偽装、まやかしであることがはっきりした。除染作業は明らかな日本国内事情。これをやることが「開発途上国への技術移転」ではないのに、明らかに偽装している。日本で働く外国人労働者のうち、20%が技能実習生、23%が留学生と半数近くが、本来の目的(労働)とは別の立場で受け入れている。人手不足で困っているなら、助けてもらえばいい。いつまでおためごかしをやるつもりか。除染は大事な作業だからこそ、労働者は労働者として受け入れていく政策が必要」

 

 =====================================

 記者会見に参加した国会議員の中からも質問、意見が寄せられた。立憲民主党逢坂誠二氏は、日経新聞の報道を受けて質問趣意書を提出。①除染作業は技能実習制度の基本趣旨に反している。②除染作業の対象職種は何か。③実習実施機関の不正は処分の対章になるのか、など政府の方針を明らかにすると報告した。

 

 なお、3月14日付けで、「技能実習制度における除染等業務について」(法務省厚生労働省技能実習機構)という通知が出された。

http://www.otit.go.jp/files/user/docs/300314-1.pdf

 

 通知によれば、除染作業は「技能実習の趣旨にはそぐわないものであり、技能実習法施行規則第 10 条第2項第 2号イの基準を満たしていないため、除染等業務を実習内容に含む技能実習計画の認定 申請があった場合には、外国人技能実習機構において認定しないこととしております」と明言している。

 それならば、早急に福島で除染作業に従事させられている実習生たちにこれを伝え、別の職場に異動させるべきだ。一刻も早く!

技能実習生がセクハラ被害諸々を訴える② @水戸地裁

f:id:mimikuro:20180227095501j:plain

技能実習生がセクハラと賃金未払いを訴えた裁判を傍聴してきました!

 

「オレはいやらしいことをしていません」

被告は全否定するも…証拠は語る

 

中国人女性技能実習生Aさんが未払い賃金と実習中に受けたセクハラ被害等に対して損害賠償を求めた裁判が、2月23日(金)水戸地裁であった。

 今回は被告である雇用主農家のB親子、受け入れ団体である協同組合つばさの実質代表者D、そしてもう1人の原告Cさんの尋問が行われた。

 Aさんに対してセクハラ行為を行ったとされるBは、「やっていません」と全面的に否定した。

 

*事件の概要は下記の通り。

http://mimikuro.hatenablog.com/entry/2018/02/04/172039

 

 Bは79歳。茨城県行方市で大葉栽培農家を営んでいた。2004年、事業主としての地位は息子に譲り、それ以後は妻と息子を手伝っていた。

 B宅では16~17年前から協同組合つばさを通じて、技能実習生を雇い入れるようになり、常時4~5人の実習生がいた。実習生の多くは女性で、事件当時男性は1人いるだけであった。

 

 裁判当日、Bは息子とともに法廷に現れた。黒いブルゾンとグレーのズボン、スニーカーという姿。普段着でやってきたという感じだった。背はあまり高くない。白髪交じりの短髪、薄くなっている後頭部。

ずっと家族で農業だけをやってきたのだろう。すべてが裁判所という場所には似つかわしくなかった。

 

証言前の宣誓に戸惑う

 

当日の傍聴者は20人あまり。Bは予想していたより人が多いことに緊張が高まったのだろう、証言の前にちょっとしたハプニングがあった。 

 証人は証言の前に宣誓文、「良心に従って真実を述べ、嘘偽りを述べないことを誓います」を読み上げなければならない。難しいことはない。紙を渡されるので、そのまま読めばよい。文字は大きいし、ルビもついている。

しかし、Bはもともと目が悪いのか、緊張のせいか、紙を渡されても一言も発しなかった。1、2分後一言。

「読めねぇ……」

 証言台の前で立ち尽くすB。

 すぐに事務官がBのそばまで行って、丁寧に説明した。

「この紙にはね、本当のことを嘘を言わないでお話をしますと、書いてあります」

 そのように説明されても、固まってしまったB。

「字が見えねぇから……」

 困った裁判長、Bに「意味がわかりますか?」と大声で問う。

 すると、数秒後ゆっくりと言葉を発した。

「…ここに書いてある…嘘をつかないように、全部言います……」

 くぐもった声、強い茨城なまり。

 必ずしも宣誓文どおりではないが、趣旨は理解しているようだと、裁判官は宣誓とみなした。

 

 なお、Bが耳が遠いとの理由で、代理人や裁判官はみな、大声でゆっくりと尋問することになった。



 セクハラなんて「嘘だと思うね」

 

Bは実習生たちから「お父さん」と呼ばれていた。被告側はBについて「女性実習生から親しまれていた」、「実習生が実習を終えて帰国する日は別れが惜しくて大泣きしていた」などと、とても人気があり、トラブルなど一つもなかったことを陳述書で主張した。被告側証人として出廷した元実習生も「お小遣いをくれた」「親切で、必ずお菓子や食べ物をくれた」と証言している。

 

さて、その「お父さん」は代理人からセクハラ行為をやったか1つ1つ尋ねられると、すべて「やっていません」とはっきりとした口調で否定した。

これがBがやったとされるセクハラ行為である。

 

 

原告Aさんに対して

・働き始めた初日「あなたはきれいだ。結婚してくれ。私でなければ息子と結婚してくれ」と言った。

・「きれいだね」「お風呂に一緒に入ろう」と何度も言った。

・手で胸やお尻を触った。

・スカートを下にひっぱられた。

・シャワーを浴びているとき、ドアの外から「一緒に浴びよう」と言った。怖くて外に出られなかった。

・休日寝坊しているとき、Bが部屋に入ってきてAさんのベッドの横に立っていた。怖くて、しばらく寝たふりをしていた。

・ビニールハウスを修理しているとき、Bが背後にやってきてお尻を触られた。驚いてAさんが振り向くと、BはAさんの胸に口をつけた。

 

他の実習生に対して

・実習生たちの前で性器を露出して歩き回った。

・「○○は胸が小さい」などと話していた。

・実習生の胸やスカートの下から懐中電灯を当てた。

・メロンを包む網を実習生の胸や、自分の股間にズボンの上から当てた。

 

 

 セクハラをしていない理由は次の通り。

 仕事は妻と一緒であり、妻と不仲ではない。

 女性の実習生たちが住む女子寮へは入ったことはあった。それは、電気やガス、水道の修理のため、実習生の誕生日パーティに夫婦そろって呼ばれたときで、年に数回ぐらいしかない。

 もっとも前立腺に持病があるため頻尿となり、農作業中に立ち小便をすることはあった。しかし、必ず建物の陰に隠れてしていたし、実習生たちの前でやったことはない。

 しかも、事件が起こった当時は大幅に体調を崩していた。動悸、めまい、食欲不振、血尿が出ている状態であった。自宅で倒れ、救急車で運ばれて入院までしている。そんな健康状態で、とてもセクハラができるような状態ではなかった。

 

また、Bは夜実習生にやらせていた大葉を巻く作業についても、自分が監督していたことはないと証言した。自分は引退している立場なので、夜は7時ごろに寝てしまう。だから、実習生たちに「早くしろ、早くしないと中国へ返すぞ」などと言ったことはないと、Aさんの主張を否定した。

 

 主尋問の終盤、代理人から、「Aはあなたからひどいセクハラを何度も受けたと話していますが」と問われると、即座に「それは嘘だと思うね。触ったり、私は絶対やりません」と言いきった。

 そして最後にこう言って主尋問を終えた。

「オレは絶対にいやらしいことをやりません。20年間実習生を使ってきて、1つもこんなことはありません」。


 「やっていない」と主張はしたものの…


 「(セクハラは)嘘だと思うね」「いやらしいことはやりません」と言いきったB。では、Bにとって「セクハラ」「いやらしいこと」とはどこまでの行為をさすのか、反対尋問では原告側代理人の指宿昭一弁護士が尋ねた。

 

B「体触ったり…」「胸やけつ触ったり…」

指宿弁護士「肩を組むのはセクハラですか?」

B「触っていない」

指宿弁護士「肩を触るのはセクハラと思いますか?」

B「思います」

 

 この証言の後に、実習生たちを連れて旅行に行ったとき、写した写真を見せた。

 

指宿弁護士「隣の○○さんと肩を組んでますよね。手が見えます」

 B「いや、触っていない」

 指宿弁護士「あなたの手では?」

 B「わかりません」

 指宿弁護士「こちらは腕を組んでいますよね」

 B「中国人のほうから寄ってきた」

 

 ことごとく否定したものの、焦ったのか、非常に苦しそうだった。

 ちなみに、Bは実習生の肩を触ったことがないと証言したが、被告側の元実習生は「Bは私たちを激励するとき、肩を叩いた」と証言している。同様に元実習生は「私たちから腕を組むこともある」と証言しているのだから、無理に否定する必要はなかった。

 

 さらにこんなやり取りもなされた。

 指宿弁護士「あなたは実習生のことを『女の子』と呼んでいましたか?」

 B「いや、名前を呼んでいました」

 指宿弁護士「あなたは陳述書で『女の子を預かっている』と書いていますよ」

 B「……」

 指宿弁護士「陳述書の内容をよく確認してからサインしましたか?」

 B「…わからない…」

 

 ちなみに、裁判所に証拠として提出する陳述書は自分で書く人もいれば、代理人弁護士に書いてもらう人もいる。代理人が書く場合、出来上がった陳述書を読んで内容を確認して、事実と違っていれば訂正してもらってから署名、捺印する。Bの陳述書を私も読んでみたが、これはおそらく代理人が書いたものだろう。 



 見え隠れする差別意識


 

 実習生にはお小遣いをあげたり旅行に連れて行ったり、家族のようにかわいがり、気前よくふるまう「お父さん」。しかし、その発言には差別意識が見え隠れしていたように思えた。

 1つは、技能実習生を「使う」という表現。

主尋問の最後では「20年間実習生を使ってきて、1つもこんなことはありません!」。また、男性の実習生について問われたとき、「(自分の)体の調子が悪くなったので、男を使いましょうということで雇いました」と証言している。主従関係を前提とした、相手を機械かモノとみなしているように感じた。これを聞いたとき、実習生は雇用主にとって労働力以外の何物でもないことがわかった。

 2つ目は、女性実習生に対する「女の子」という呼び方。

 最後は、実習生と腕を組んだ写真を見せられたとき、「中国人のほうから寄ってきた」という証言。

 この場合、答えるとしたら、実際に写真に写っている実習生の名前だし、忘れてしまったなら「実習生」あるいは「隣にいる人」とか、他に言い方はあるだろう。それを「中国人」という民族名、属性で呼ぶ。日本人との区別が必要な状況ではないのに。

 非常にうがった見方かもしれないが、「お父さん」は実習生のことを自分たち日本人とはまったく違う、中国の貧しい農村から出稼ぎにやってきた哀れな外国人という意識をずっと持っていたのではないか? 女性実習生はあくまでも「中国人の女の子」。哀れみの対象だから、お小遣いをあげる。お互い対等な人間同士という考えはなかったと思える。

 

 ここで思い出した映画があった。「オキュパイ・シャンティ~インドカレー店物語」。インドカレー店で働くインド人たちが、業績悪化を理由に解雇を通告される。しかも賃金は2年も支払われていなかった。

そこで登場したのが、今回の裁判でも代理人を務めている指宿弁護士。インド人たちは指宿弁護士ほか支援者のアドバイスで、労働組合を結成して解決に当たるという内容である。

映画の中で解雇を通告した日本人の社長はインド人の従業員について、こんなふうに語る。

「私はいつも彼らのことを心配して、家族同然に付き合ってきました」

しかし、当の従業員たちは「社長からはいつも、インド人、バカ、ゴミって言われていた」。

 これが実態だ。

 労働現場に持ち込まれる「家族」という言葉は、搾取構造を見えなくさせる。

 

*「オキュパイ・シャンティ~インドカレー店物語」

http://vpress.la.coocan.jp/shanti.html